スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.07.22 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    10分1000円の、あのカットハウスに行ってきました。

    0
       何かとお金に困ってる私。


      髪の毛が長くて仕方なかったのだが、この前税金払ってしまったから、お金がない。


      いつもは4500円ぐらい散髪で使うのだが、とうとう行ってきました。


      何かと話題の、主に駅にある10分1000円の「QBハウス」へ。


      今まで2回ぐらい使ったことあるけど、ちょっと整えてもらうだけで、
      本格的に切ってもらったのは初めて。


      ちなみに、シャンプーやブローなどは一切無く、とりあえず「カット」のみ。


      だから普段から縮毛矯正とかする人には向かないが、普通にカットのみだと安くなる。


      前に切って間もない頃の写真があったので、それを印刷し、QBハウスへ。


      サラリーマンの方が結構使っている感じでした。


      で順番が来たので、写真を見せて切ってもらったのだが、
      時間短縮でバリカンを使うこともなく、ハサミで仕上げてくれました。


      仕上がった感じは予想していたよりも悪くない。


      まぁオシャレする人には向かないですが、サラリーマンとかの無難な髪型には結構使えます。


      10分超えても超過料金は取られることもなく、最後は髪の毛を吸い取ってくれます。


      今回は3500円以上安くで出来たので、お金がない自分にとってみれば良かった。




      「圧迫面接」という名のイジメ

      0
         人事担当者の人から見たら、「何を言ってるんだ!甘ったれが!」と言われると思うが、


        既卒の就活生という立場から、この記事を書きたい。


        8月に東京に住んでいた時に、とある東京都の就職支援プログラムの選考を受けた。


        そのプログラムは東京都が企画し、某派遣会社に委託されている。
        派遣会社の名前は、あえて伏せておく。


        説明会を受けて、筆記試験を通過し、面接を受けることになった。


        面接は最初、和やかに進んで行ったのだが、自分が喋った自己PRでちょっとまずかった表現があった。

        するとその面接官(女性)は、「ちょっと気になるところがあるんだけど。」と言い出し、挙げ足を取るように表情が変わった。

        インターンシップでのことを話したら、
        「会社に迷惑をかけている!」、「あなたはルール違反をしている」、「そんな人は会社は欲しくない!」、「自分勝手だ!」
        などと言い、さらには喋ること全てを否定してくる。


        さらには、
        「あなたみたいな人は、社会からも、このプロジェクトからも、どこの就職支援プログラムからも必要とされていない!」
        などと、完全に社会のゴミ、就職支援プログラムのゴミというような発言を受けた。

        そりゃ就職も出来てないんだし、社会のゴミですよ。分かってますよ。


        ただそこまで言う必要あるの?生きている価値がないと言っているのも同然。


        さらに計画性がないだの、筆記試験の時に書いた『選考には一切関係しませんから、ありのまま書いてください』と書いてあるアンケートに対しても問い詰められた。


        もう喋るどころか泣きかけですよ。


        そして面接が終わったのだが、面接官の顔は「言ってやった。」というようなスッキリした顔をしてる。

        さらに笑いながら「○○(派遣会社名)って厳しいところだった?」と聞いてきた。

        その時はひきつった笑いで、「そんなことないですよ。」と言ったけど、もう泣きかけでした。


        そこは東京駅の近くにあったんだけど、東京駅で130円の切符を買ったのはいいが、

        トイレの個室に入った瞬間、力が抜けたように地べたに座り込み、涙が止まらなかった。


        10分ぐらい立てなかった。そしてようやく落ち着いたんだけど、足が勝手に『東海道・山陽新幹線切符売り場』に向いてしまった。クレジットカードを握りしめて....。


        14時前だったし、そのまま神戸に帰ろうかと思った。


        しかしながら、また東京に戻ってこないといけないことを思い出し、神田に行こうとした。

        中央線に乗ろうとしたけど、急に電車に乗るのが怖くなって、6本ぐらい追いやった。


        そして何とか電車に乗って、神田に出たのはいいが、
        昼ご飯を無理矢理食べ、そのままカフェに入ったのはいいが、出るのが怖くて3時間ぐらい出れなかった。

        その後、しごとセンターで、そのままカウンセリングを予約し、

        2日後は会社説明会に行った。


        1週間後、しごとセンターでカウンセリングを受け、この日の面接のことを全て話した。


        するとカウンセラーの人が顔を曇らせ、
        「なんで就職支援プログラムなのに、ここまで言うのかが分からない」
        と言っていた。

        さらには「ここまで言われる筋合いはないし、いくらなんでもひどすぎる」とまで言ってくれた。


        家に戻った時に、不採用通知が来てて、「選考には大変苦労しました」と書いてあったが、そんな気持ちは伝わらなかった。

        面接官の「いじめてやった!スッキリした!」という顔は、今でも思い出すし、

        正直、今でも夢に出てきてうなされる。

        4月に急性ストレス障害を患い、精神安定剤を飲んでいた。ようやく治ったのに、また精神安定剤が欲しくなった。


        正直、これが圧迫面接というものなのだろうか?


        イジメやハラスメントのようにしか見えないのは、気のせいだろうか?

        私は間違っているのでしょうか?

        0
          いきなりで申し訳ありません。
           
          既卒者の居場所がなくなる、親とのギャップが生まれるという一番良い例じゃないのかなと思って、書かせていただきました。

           もしTwitter経由で見た方、リツイートしていただければと思います。 キャリアカウンセラーの方がいらっしゃいましたら、ご意見をくださると幸いです。

          先ほど、母親と大喧嘩をしました。もちろん就職のことについてです。


          あまり大口を叩くような身分ではありません。母親は訳あって、介護で働いています。

          私は無職、だから何も大口叩くような身分ではないです。

          しかしながら、母親の考え方には憤りを感じました。

          私は大学も2年間浪人をし、入った大学も一流とは言えないような大学に入りました。


          新卒時代は、就職活動をしていましたが、うまく行かずに今に至ります。


          しかし母親の考え方は、あろうことか
          「大学出た以上は一流企業入って、エリートコースになれ!親戚中の恥さらしだ!」
          「他の親戚は一流企業に行っている」
          「一流企業に行けなければ脛かじりも同然」
          「エリートコースにならなかったら、うちの子じゃない」
          といったような扱い。


          しかも母親は新卒時代に行われていた保護者向けのキャリア講演会も 「わざわざ大学生にもなった親が行くようなことではない」 と言って、一切行きませんでした。


          確かに2年間予備校に行って、大学はクソ、そして既卒。親不孝者です。


          それなのに 「こんな長男に小さい頃から迷惑をかけられた!」 と言われ、迷惑かけられたから一流企業に行って恩返しをしろと言います。


          中小企業なんか認めようとしません。


          自分の悪いところもあるけど今の就職状況、話しました。心を空にして聞いてくれとも言いました。


          焼き鳥屋や居酒屋は中卒がやる仕事だと言っていたけど、 今は新卒での居酒屋大卒求人もある。おまけにメイドカフェを運営している会社も新卒採用を行なっているぐらいである。

          居酒屋が中卒の仕事というのは間違いだということも言いました。


          しかしながら出た言葉は一言。



          「そんな底辺ばかり見てるから就職できないんと違う?」


          まだキャリア講演会に行ってこれを言われたのなら、まだ分かります。


          しかしながら、キャリア講演すら行かずに勝手な偏見だけで物を言われると納得は行きません。


          大学が多くなって、全入時代になってしまったうえ、居酒屋も国公立大から正社員になった人もいると言っても 「大卒→一流企業」という考えを直そうともしません。


          正社員の道すら狭くなっていると言っても、何も変わらず。
          自分の言い分ばかり言って、私の言い分は「話が長い!うるさい!」と言って無視。


          おまけに「そんなところ行くぐらいなら浪人して大学行かずに、高卒で働けばよかったんと違う?」


          さらには大学進学したこと自体否定です。



          どうやら私は、自分の将来のために仕事を選ぶのではなく、 やりたいことを捨ててまでも親を喜ばせて、親戚中の恥さらしにならないように 親を喜ばせるために一流企業に就職して、エリートコースにならないといけないようです。


          焼き鳥屋で働いても、「そんなところは、中卒がやる仕事。親戚中の恥」という風になっている。


          おまけに 「あんたの話は説教じみてうざい。同じ話をグチグチと言いやがって」


          あなたがちゃんと話し聞いてれば、そんなに話に時間かかりませんよと言いたいです。


          自分の言いたいことだけ言って、人の話すら聞かないからこうなるのでは。

          さらには 「そんなこと言うなら、働いてから物言えや。そんな偉そうなこと言うなら出て行け!」


          既卒者の無職は、物を言う資格もないのでしょうか。


          黙って親の言うとおりにしないとダメなのでしょうか?
          自分の意見を述べることもできないのでしょうか?
          私の考えが間違っているのでしょうか?


          本当に今回ばかりはキャリアカウンセラーの方のお話をお聞きしたいです。

          既卒者の居場所

          0
             昨日、既卒者カフェ in KOBEを開催した時に思ったけど、やはり既卒者の居場所ってとても大切だと思った。


            正直今の生活からしてみると、人生「負け組」だし、大人の人に何か言われても、偉そうに言い返す身分ではないことは承知済みだ。


            ただ自分の母親が良い例なのだが、偏見で物事を見ているおかげで、ますます居場所がなくなってしまっているのではと思う。


            以前、私は知り合いの個人的な紹介で、とある居酒屋のバイトをすることになった。


            それを親に言った時に返ってきた言葉が
            「はぁ?何考えてるん?そんなんキツいだけなのに」
            さらには
            「焼き鳥屋って、中卒がする仕事やん。大学出てまで焼き鳥屋?何のために大学に行ったの?」

            どうやら母親の考えは、「居酒屋とかは中卒がやる仕事」、「大学出たらスーツ着て正社員で、昼間働くのが当然」という考え。


            おまけに正社員になって、親を安心させろという。



            大学でも、就職セミナーでは、とにかく「正社員になれ。派遣とかにはなるな」という風に言われる。

            さらには「正社員にならないと、良い家庭が築けない」、「新卒のうちに内定貰え」とまで言われる。


            だから大学生は、自然と「大学出たら正社員になることが当たり前。既卒になってしまったら、人生は終わったも同然」といった感じに刷り込まれてしまう。


            既卒になってしまったら、親からもプレッシャーがあり、居場所がない。


            自分は既卒になって、インターンには参加したが、インターンが終わった後「何がやりたいのか」というのがわからなくなった。



            そして先月は東京に住んだわけだが、住んですぐにある知り合いに言われたのが
            「お前、東京に何しに来たんだ?将来は、上野公園でホームレスだろ?」
            「お前は何がやりたいんだ?」
            と聞いてきたので、営業とかもやってみたいと答えると
            「お前に営業は向いてない!ただプログラムだけを書いとけ!」
            と真っ向から全否定。

            ホームレスは冗談かも知れないが、人生を彷徨っている若者に言う言葉ではないことは明らか。

            こうやって夢を潰すことがあるから、若者の居場所がなくなってしまうのではないだろうか。


            先ほど書いた親の偏見、大学の就職セミナーでは正社員で就職することしか道はない、

            テレビでも既卒者の実態というのは、ほぼ無いといっていいほど、放送していない。


            メディアなどを通じて、既卒者の気持ちというのをもっと伝えて、偏見などを無くしていくべきなのではと思う。

            -----------------------------------------------------------------------------------
            すみません、まとまっていないまま書いたので、文章メチャクチャです。
            読みにくいと思いますが、お許し下さい。

            1

            PR

            calendar

            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << October 2017 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM